整体でやること

整体では緊張とリラックスのバランスもとり、再発しない体作りをおこなっています。

緊張しっぱなしも体や心に負担がきて、リラックスしすぎると気力が奪われることになります。

緊張とリラックスのバランスをとることは、不調の根本改善に欠かせないことで、他では実施できない施術のひとつです。

施術で実施することは、

  • 緊張しすぎているところは、右回りの気の流れを作り
  • リラックスしすぎているところは、左回りの気の流れをつくり

バランスをとります。

すると緊張しすぎているところはリラックス、リラックスしすぎているところは、ある程度の緊張を保てるようになり、緊張とリラックスの配分も適切に変わります。

適切に変わると

  • 緊張を緊張としてとらえて、適切に対処するようになる
  • リラックスし過ぎもリラックスし過ぎとしてとらえ、適切に対処するようになる

このように現状認識ができることで、体もゆるみ、適度な緊張を保ち、本当のリラックスを得られるのです。

この緊張とリラックスの配分が、大切です

緊張しすぎて自分の思うように力を発揮できなかったりして”気持ちが落ち込み”また気力の湧かない状態で過ごすことで”気持ちがしんどく”なり、自然治癒力も働かなくなることで、不調が出ます。

不調が生まれるのは、緊張とリラックスの配分の崩れた状態からで、気持ちも乱れていきます

その緊張とリラックスのバランスを適切にとれるようになると、本当のリラックスを得られ自律神経も整い血流も改善

不調の根本改善につながり、再発の予防にも効果的です。