プロフィール

和光が誕生する前は、整体院を運営していました。

15年以上の施術の経験から人間の「皮膚感覚」の可能性を追いかけ、人との関係性における役割に注目してきました。

「人生を楽しんで生きられる」

というのは、楽しんで生きられない理由が皮膚であり、自分と外界との境界線の役割をしています。

その皮膚が、自分と外界、つまり、他者との関係性に大きく影響を受けていることをあるとき見抜き、

人との関係に悩み、疲れ、むなしさを抱えた人たちが、

「どのようにしたら、楽しく生きられるのか?」

を研究し、一定の成果を出せるようになりました。

皮膚の可能性がある以上、「生きること」自体にまだまだ可能性があります。

これからも皆様の可能性を追求し、お役に立てられるように歩んでいきます。

どうぞ、よろしくお願い致します。

1973年生まれ 広島県三原市出身

浜田雄一

  • 皮膚・肌感覚についてのDVD出版を依頼され、全国へ発売
  • 週刊「女性自身」から「神の手を持つ施術家」に掲載実績
  • 中国新聞読者からの高評価で「おすすめスポット」に掲載実績

人との出会いがなかったら、私の人生は、いつもどん底を経験していたかもしれません。

人に合わせ、人に好かれようと必死になっていたのは、中学生くらいからでしょうか?

人に合わせて生きることが、大事なことで、それが和を乱さない最も最良な方法だと思い、過ごしていました。

根拠はないのですが、とにかく争いが嫌だった。

そんな学生時代を過ごし、楽しくも一方で少しむなしさを感じながら、生きていました。

「なぜ、そんなに人へ合わせてしまうのだろう?」

ある日突然、そんな自分に嫌気がさし、自分や他人に対して、「嫌われること」を言ったり、やったりするようになりました。

「言いたいことや、やりたいことをしてみたかった」

ということですが、言いたいことを言っても、やりたいことをやっても満たされない毎日を過ごしていました。

そんな人生を送っているとき、両親が離婚しました。

通っていた大学も中退し、生きる希望も失い、2年間ほど自宅から出なくなりました。

とにかく心は暗く、何かが悲しかった。

「絶望、なのかな」

毎日、苛立ちだけがつのり、悲しくなり、希望はまるで、ありませんでした。

「このまま生きた方がいいのか?」

そう思ったとき「自宅から出よう」とふと思い、そのことが当時の唯一の希望でした。

広島から離れ、理由もなく他県で過ごし、特に意味のない人生を送っていました。

意味のない人生を送っていると意味を見つけたくなるのが人間なのでしょうか?

「自分に何ができるのだろう?」

そのとき、はじめて、自分の人生について真剣に考え始めました。

他県で過ごし、ひとりになって思ったことは、

「身体は、自信ある」

ということでした。

家族と一緒にいるときには気づかなかったことですが、自信があるのなら

「身体に関わる仕事をしよう」

と整体の学校へ行き、身体のことについて学びました。

「自信のあるものには、興味を持たず、自信のないものに深く興味を抱く」

という習性から、身体より人間の心に興味を持ち、心がどう身体に作用するのか?

そのことばかりを考えていました。

学校卒業後は、整体院へ就職し、楽しく整体をさせてもらっていました。

「何かもっと、できるはず!」

整体院に就職し、お客さんもたくさん抱え、順風満帆に見えました。

それでも満たされない何かがあり、今度は自分のお店を持つことを決めました。

それだけだと不安なので、夜は理学療法士の養成学校に通い、仕事と学校の両方をこなしていきました。

しかも、従業員を3人抱え、朝から晩まで働き、合間に勉強をする

今考えるとかなりの無茶をしていたと思います。

それでも「何か、もの足りない」

また違う勉強を新しくはじめました。

今度の勉強は、人間の心理面です。

人を操り、自分の思う通りに人生を歩みたくなったのです。

人を操れるほど、演技もできるわけではないのですが、それがたまらなく面白かったのです。

「人を操っているようで、自分が操られている」

それがわたしの依存になりますが、それが苦しくもあり、楽しくもあり、どうしようもない生活をしていました。

一方で、お店は繁盛し、文句のない経済状況を手に入れたのに、まだ心にぽっかりと穴が空いたままでした。

「このむなしさは、いったい何なのだろう?」

行くも地獄、行かないも地獄

人生という名の迷路に、深く、はまり込んでいました。(現在、整体業はやっておりません)

それから数年が経ち、苛立ちを隠しながら、人生を歩んでいたとき、ある気功師とお会いしました。

偶然といえば、偶然。しかし、導かれるように東京のオフィスで、その先生の施術を受けました。

今でもどう表現すればいいのか、わからないままなのですが、

「静かに心の中のエネルギーが満たされる」

そんな体験したことのない感覚でした。

苛立ちやむなしさが随分と減り、

「自分の人生を生きている」

そう実感するまでになりました。

自信を取り戻し、何でもできる気になり、何かから解放された気分になりました。

一方、その先生の元で勉強をはじめ、エネルギーについて学びました。

面白いとか、面白くないとか、そういうものを超える、何か

「純粋なもの」

それを学びに行っていたのだと思います。

それからというもの、水を得た魚のようにイキイキと生きはじめ、毎日が楽しくなりました。

「刺激があって楽しい」

のではなく、

「やるべきことがあり、それを求めている人がいる」

それを肌で感じられたことが、私なりの「楽しい」でした。

私が調整やセッションでやることは、そんなに大したことではありません。

人に振り回されて失ったエネルギーや失った感情・感覚を元に戻すだけです。

目に見えないものだから、わかりにくい部分もあるかと思います。

それでも確実に今よりもっと、楽しく生きられるはずです。

その”なにか”を取り戻したくなったら「和光」へ一度、ご相談ください。

あなたの人生をイキイキと生きられるお手伝いをしたいと思っています。