感情セッション

和光の感情セッションは、普通の調整ではありません。

皮膚を調整し、本来の感覚を取り戻し、感性を使って「ブレない自分を取り戻し、人生を生きやすく、楽しんでもらう」ための施術です。

「皮膚を調整して何が変わるの!?」そう思われるかもしれません。

ですが昔から、

「肌が合う」

「肌を合わせる」

「一肌脱ぐ」

「肌で感じる」

皮膚には「人との関係をあらわす言葉」が多く存在します。

皮膚の感覚が鈍くなると心まで鈍くなる。

それが「肌感覚」とも呼ばれる、皮膚の働きです。

皮膚の働きを高めることで、

まずはあなたの「皮膚感覚」(肌感覚)を研ぎ澄ませていきます。

感覚を研ぎ澄ませていくと、

「肌が合う」(気が合う)

「肌に合わない」(気が合わない)

という感じが、なんとなくわかってきます。

さらに、相手との距離感もつかめてきます。

それがつかめるだけで、人間関係はとても楽になります。

さて、その次は「感情」です。

人間関係がある程度よい方向へ向かったら、次は「感情」の調整です。

感情は、大切です。

なぜなら今これをお読みのあなたはあなたはきっと、自分の感情を押し殺し、言いたいことを我慢し、自分の人生を生きられなかったはずだから・・・。

【ネガティブ感情・ネガティブな気】

怒り イライラ
悲しさ さみしさ
ゆううつ感 無気力
恐怖感 おそれ
不安 迷い

【ポジティブ感情・ネガティブな気】

笑う 楽しむ
喜ぶ 感謝
笑ってもらう 喜んでもらう
楽しんでもらう
かわいい 清々しい

これらの感情につながる「感受点」が、人間の皮膚には多数存在しています。

感受点とは、皮膚に多数存在する「感情をつかさどる場所」です。

そこを刺激することで、これまでにしみついたネガティブな感情がとれていき、忘れ去られた「ポジティブな感情」や「ポジティブを受けとる肌感覚」が自然に呼び覚まされていきます。

よって、ネガティブな感情からポジティブな感情への切り替えが早くなります。

例えば、不安感を引きずらない、さみしくても翌日に持ち越さない、などの現象があります。

ネガティブな感情からの切り替えが早くなると、肌感覚で「私はやれる!」と希望が湧いてきます。

今まであった悩みがちっぽけに感じられるほど、少しずつやる気が回復していきます。

まるで、子供の時のような切り替えの早さです。

感情セッションをし、やる気が回復した後に寄せられた「お客様からの代表的な声」は下記の通りです。

  • 「人生において誰が大事か?」がなんとなくわかってきた!
  • 人と共感できるようになり、深い付き合いができるようになった!
  • 「感情レベルの人間関係の悩み」が解消された!
  • 相手に喜んでもらったり、笑ってもらったりすることができた!
  • 相手のポジティブな感情についていけるようになった!
  • 気づきが増え、飽きることが少なくなった!
  • むなしさがない!あっても気にしない!
  • 無邪気に笑えるようになった!
  • やる気が出た!
  • 人生が楽しくなった!

皮膚って、凄いですね!

「第3の脳」といわれる皮膚は、色々な可能性を秘めている器官です。

ぜひ、日常に訪れる「自然な変化」を肌感覚で味わってください!